車買取・中古車査定サービスのMr.クルマ査定がお届けするカーライフ情報サイト

車査定の査定料って払うべき?売却前に知っておくべき査定手数料あれこれ

車の売却時に「車の査定料は払わないといけないの?」と疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。車の査定料についての知識は、損をしないためにも知っておきたいですよね。
査定だけでも手数料は取られるのか、下取り査定料の相場はいくらなのか、下取り査定料を払わずに済ませるにはどうしたらいいのかなどをご紹介いたします。

カテゴリー:車査定の基礎知識
2017/08/29

このエントリーをはてなブックマークに追加

車の売却前に知っておきたい査定料

車の売却を検討している方は査定を依頼しますが、査定に手数料(査定料)が掛かるのかどうか疑問に思われている方もいらっしゃるかと思います。査定料の知識がないと損をしてしまうことも‥。払わずに済むのであればその分車の購入代にまわしたいですよね。今回は、車の売却前に知っておきたい車査定時の手数料について、わかりやすくご紹介していきたいと思います。

下取と買取では査定料が変わる!?

車の売却には下取と買取があります。車を買い替える時に、乗っている車を販売店で引き取ってもらうことで値引きしてもらうことが下取。今乗っている愛車を売り、現金を受け取ることを買取と言います。下取でも買取でも、金額から差し引いたものが既に査定の段階で提示されているので、基本的に払わなくていいものと考えていいと思います。

買取査定の場合は基本的には査定料が掛かりません。もし、下取の査定料が0円の場合は、予め下取の査定料が購入する車の金額に足されている場合があります。この場合は買取の方がお得になります。買取だとネットの査定サイトで無料で査定を依頼することもできます。大切なことは、見積もりの中に手数料がどのくらいなんの名目で引かれているのかを確認することだと思います。

下取は査定だけでも査定料は取られる?

下取であっても、下取査定をしただけで売却の契約まではいかなかった場合は基本的には下取査定料を取られることはありません。しかし、「下取査定だけ簡単にしてみよう!」と軽い気持ちで依頼することはあまりオススメできません。1度下取に出すとそのまま強引に引き取ろうとすることがあります。
査定する業者では、査定に掛かった人件費の経費が掛かっています。また基本的には買取の方が下取よりも査定額は高くなりますので、下取の後に買取に出されて相場を知られたくないという考えが業者側にはあります。

下取査定料の相場はいくら?

下取査定料の相場はいくらくらいなのか。下取査定料の相場は1.5万円~2.5万円ぐらいが目安となります。
こちらの相場は下取査定料に『下取車手続き代行費用』を足した金額になります。下取手数料とセットになっていることが多いです。下取車手続き代行費用というのは、名義変更などの諸経費になります。相場より金額が高い場合は値引きの交渉もしやすいと思います。やはり、査定料の相場や名目を知っておいて損はないと思いますので、ぜひ確認してくださいね。

下取の査定料を払わずに済ませたい

査定料についてご説明してきましたが「できる事なら下取の査定料を払いたくない」ですよね。実際は下取の際に査定料払っていないという人は多いです。下取査定料として金額が発生するといわれた場合には、例えば「下取査定料を払わなくていいならすぐに契約するのに」「他の店では手数料は掛からなかった」などと、交渉してみると、下取の査定料をカットしてもらえる事もあります。契約する前に是非ひと言添えてみてください。費用を節約できる可能性がありますよ。

査定料以外からカットできる?

交渉した結果、下取査定料と下取車手続き代行費用をカットできない場合でも、他の諸経費を交渉次第で値引きしてもらえる事もあります。交渉しやすい経費には、希望ナンバー代行手数料、納車費用、車庫証明手続代行費用などがあります。
査定料がカットできない場合にはこちらの費用の値引き交渉をしてみてはいかがでしょうか。

下取査定料は交渉次第では払わなくて済む

車査定の査定料は交渉次第ではカットや値引きしてもらえる事も多いですので、まずは交渉してみましょう。
査定料の交渉が難しい場合は他の経費の値引きも交渉してみると費用を抑えられる事があります。
いくらでも節約したいと思っている方は是非交渉してみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事

週間人気記事ランキング

車査定Q&A

車の注目トピックス

ドライバー向けモテ講座

車査定の基礎知識

©Copyright 2017 Mr Fusion Co.,ltd