車買取・中古車査定サービスのMr.クルマ査定がお届けするカーライフ情報サイト

コスパがいいのは結局どっち?新車・中古車のコスパ比較

車を買うなら出来るだけお得な車を購入したいですよね。コスパがいいのかどうかは皆さんが気にする点だと思います。新車と中古車、どちらを購入するのかも悩むところですよね。
そもそも、「車のコスパ」はどのように算出されるのか、新車と中古車はどちらの方のコスパがいいのか、コスパのいい中古車はどんな車なのかをご紹介したいと思います。ぜひ車を購入する際の参考にしてみてくださいね。

カテゴリー:車査定Q&A
2017/07/21

このエントリーをはてなブックマークに追加

新車と中古車、トータルで見てお得なのはどっち?

車を購入する際に、新車と中古車どちらの方がコスパがいいのでしょうか。
自分の中では大体どのような車を買うかは決まっている方でも、知識としてコスパのいい車を知っておきたいと思う人も多いのではないでしょうか。

今回は中古車と新車のコスパを比較してご紹介いたします。

そもそも車のコスパって?

「車のコスパがいい」とはよく聞くワードです。
車のコスパとは、車に対して掛かる総額の費用を比較することでわかります。
総額費用を式で表すと以下のようになります。

【車の購入価格】+【車の維持費】-【車の売却金額】=【総額費用】

※総額費用を比較することでコスパがわかる

ここでの「車の維持費」というのは、ガソリン代や修理代など車を維持するのにかかる費用のことです。「購入価格」「維持費」が安く、「売値」が高ければもちろんコスパのいい車です。また、「購入価格」が高くても「維持費」がかからず売却時に高く売れるような車はコスパがいい車です。

例えば

A)【購入価格150万円】+【維持費50万円】【売却金額80万円】

=【総額の費用120万円】

B)【購入価格70万円】+【維持費70万円】【売却金額10万円】

=【総額の費用130万円】

この場合だと(A)の方が(B)よりも10万円もコスパがよく、購入から売却までのトータル的な視点から見ると(A)の方がお得になります。

新車と中古車どちらのコスパがいい?

結論から言うと、中古車の方が新車よりもコスパがよくなります。
人気のハイブリッドカーのプリウスを例にして考えたいと思います。

新車の購入額が314万円であれば、売却時の値段は126万円ほどになり、

(314万円)(126万円)=コストは188万円

となります。

それに対して、中古車は140万円ほどで購入したとすると売却時には50万円ほどの値段になり、

(140万円)(50万円)=コストは90万円

になります。

新車と中古車のプリウスの総額費用を比較すると、(188万円)-(90万円)=(98万円)となり、【中古車の方が98万円コストが低く】なります。
(修理費は所有者によって異な流ため計算には含めない・約3年間所有した後に売却した金額を想定)軽自動車やSUVなどの車種で計算しても、中古車の方がかかるコストは低くなります。

コスパのいい中古車って?

新車と中古車を比べると、中古車の方がコスパがいいとご紹介しましたが、具体的にコスパのいい中古車の条件をご紹介いたします。

1燃費がいい

燃費が良くガソリンなどの燃料代がかからない車は、コスパのいい車です。
年式が新しい程燃費効率が良くなり、燃費が良くなる傾向があります。
同じメーカーで且つ同じ排気量だとしても、車種によっては燃費が異なります。

例えば、「ミライース」と「ムーブ」は同じダイハツの車種で排気量も同じですが、ミライースの燃費は35.2㎞/Lなのに対して、ムーブは31.0㎞/Lです。実燃費は燃費情報を口コミで集めた「e燃費」で車種ごと調べることができます。
また、合わせて燃費ランキングも確認できますので参考にしてください。

2値段が下がりにくい車

人気が高い車種であれば市場の需要があるので、売却時にもある程度の価格で売却することができます。
車の価格はモデルチェンジの時期によっても変わってきます。
人気車を調べるためには、日本自動車販売連合会(自販連)の新車乗用車販売台数別ランキングを見るとわかりやすいです。

3修理費のかからない車

故障がしやすく修理費がかかると、その分車のコスパが悪くなります。
前の所有者の登録地が沿岸部や豪雪地帯だと、塩害等によって錆びている可能性があるので避けた方が無難です。沿岸部では潮風、豪雪地帯では雪を溶かすための融雪剤によって塗装のはがれた箇所から錆が発生します。
エンジンルームなどにできた錆びは年月をかけて徐々に腐食していきますので、後々パートの交換等が必要になってきます。車の前の所有者情報は中古車取扱店で聞けば教えてもらえます。

コスパのいい中古車選びが重要!

新車と中古車のコスパについてご紹介いたしましたが、いかがだったでしょうか。新車と中古車を比べてみるとコスパがいいのは中古車です。
しかし、中古車でもコスパのいい車を選ばなければ意味がありません。修理がかさむ様な車を選んでしまうとコスパが悪くなります。前章での要件に合うような中古車を選びましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事

週間人気記事ランキング

車査定Q&A

車の注目トピックス

ドライバー向けモテ講座

車査定の基礎知識

©Copyright 2017 Mr Fusion Co.,ltd