車買取・中古車査定サービスのMr.クルマ査定がお届けするカーライフ情報サイト

車買取りで気をつけたい金額トラブル!起きがちな事例とは

車を買い取ってもらうときに、買取業者に査定してもらいますよね。
買取り金額の上下や業者によって金額が変わるなどの理由により、トラブルが起こってしまいがちなようです。
実際によく相談される事例をもとに、どのようなトラブルが起こるのか大きく2つにわけて紹介していきたいと思います。

カテゴリー:車の注目トピックス
2017/07/24

このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ金額トラブルが起こるのか

車を売る際に起こりがちな買取りトラブルですが、どうして問題が発生してしまうのでしょうか。
消費者からのトラブルが起こった事例の中から統計をみてみると、

・別の業者に買取ってもらった方が高く買取ってもらえたのに、すでにほかの業者と契約を結んでしまった
・最初の査定金額よりも低くなってしまい、その金額での契約を迫られた

などのように、大きくわけて2つの原因があることがわかりました。
その2つの事例をもとに、以下金額トラブルを回避する方法について詳しくご紹介します。

買取りトラブルを避ける方法

買取業者に希望額を言わない

買取業者のなかには、「ご希望の金額はありますか」のように聞かれることがありますが、自分から金額を提示してしまうと、もしその金額よりも査定金額が上だった場合でも、金額を低く見積もられてしまう可能性があります。要は駆け引きが始まっているのです。

もしも金額について聞かれた際は「査定額が一番高い業者さんにお願いしようと思っているので」などというように濁して発言するとベストです。

1つの業者に絞らない

買取り金額には、一定の基準のようなものがありません。
そのために、金額は買取業者によって異なることが多く、一つの業者だけで査定してもらうと、あとから「こっちの方が高く売れたのに」と後悔する結果になってしまうことも。

最初から複数の業者に査定依頼をし、一番金額が良かったところで売却すれば、後のトラブルにもなりませんし、ベストな方法で売れたと高い満足度を得ることができます。

愛車を売りに出すときは、いくつかの買取業者をまわって、じっくり考えるといいのではないでしょうか。

当初の査定額よりも下がったときは?

ネット業者に多いのが、こういったトラブルです。
メール査定では高額だったのに、実際に車を見せたところ想像以上に金額が下げられてしまい、納得できないというトラブルが多発しています。ヒドイ場合は、契約完了後に減額されるようなケースもあります。
このようなときは原則、減額を認める必要はないので安心して対応して大丈夫ですが、契約直前に減額を言い渡されて、認めないと契約をしてくれないという事例もあるようです。

ではなぜ減額されてしまうのか?
それは査定のときに見つからなかった「車の事故歴」や「メーターの巻き戻し」などがあったことが挙げられます。とはいえ、買取業者の仕事は査定するにあたってしっかりと車の状態や過去の事故、修理歴を確認してから金額を提示することなので、あとから「減額」という横暴な対応は相応しくありません。
いくら「減額」や「解約」を求められても、わたしたちがそれに応じる必要はありません。

もしも減額を言い渡されたときには、契約前なら「契約しない」。
契約後なら「減額を断る」または「専門家に相談して流れを教えてもらう」ことをオススメします。

ほかにもあった!査定トラブル

そのほかの査定トラブルがこちら。

・車を査定してもらう最中に車に傷をつけられた
・支払い期限日になってもお金が振り込まれない

どれもヒドイですよね。
このようなトラブルに巻き込まれないためには、事前に買取業者の口コミなどをみて、信用できる業者であるか確認してから査定に持っていくことが大切です。

金額トラブルに出くわさないために

金額トラブルに巻き込まれないようにするには、「しっかりと準備をして査定してもらうこと」や「いくつかの買取会社に査定をお願いして、比較して決める」などといったゆっくり考える時間を大切にすることが第一だと思います。もしも、愛車を売りに出そうと考えているなら、できるだけ高いだけの査定額は信じないことと、即決はしないことをオススメします。
また、本当に信頼できる業者なのかチェックした上で査定依頼をするようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事

週間人気記事ランキング

車査定Q&A

車の注目トピックス

ドライバー向けモテ講座

車査定の基礎知識

©Copyright 2017 Mr Fusion Co.,ltd